「スラムダンク」心をアツくする名言 桜木花道編

スラムダンク

1990年から1996年まで週刊少年ジャンプで連載されていた知る人ぞ知るバスケ漫画の金字塔「スラムダンク」

当時バスケットボールを題材にした漫画は、野球やサッカーと比べるとマイナースポーツであるためタブーとされていましたが、そんなレッテルをもはねのけて、爆発的人気作となりました。

itplanning.co.jp より引用

また、当時の週刊少年ジャンプは、ジャンプ黄金期とよばれており

「ドラゴンボール」「幽遊白書」「ジョジョの奇妙な冒険」「るろうに剣心」など名だたる連載陣が掲載され、最大発行部数653万部を記録したのもこの時期です。

このジャンプ黄金期の看板漫画として、連載されていたのがこの「スラムダンク」なんです!

数々の名言や名シーンが多いのもこの作品の魅力ですが、その中でも今回は主人公「桜木花道」の前向きになれる、心をアツくする名言についてまとめてみようと思います。

itplanning.co.jp より引用

「桜木花道」真っ赤な髪の毛と190センチ近い高身長が特徴です。

中学時代はスポーツとは無縁の不良で、毎日喧嘩に明け暮れていましたが、その後入学した湘北高校で同級生の「赤木晴子」「バスケットはお好きですか?」と声をかけられた際に一目惚れ。

その流れで湘北高校バスケ部に入部することになります。

最初は晴子ちゃんに気に入られたいという理由で始めたバスケですが

徐々にバスケの面白さに目覚めていき、選手としてはもちろん人間的にも大きく成長していきます。

個人的に桜木は、とにかく前向きな性格と、バスケットを通して人間的に大きく成長していく所が大きな魅力の一つだと思っています。

今回はその「桜木花道」の魅力を、少しでも伝えていけたらいいなと思います!

1.「4ファウルがどうした‼ オレは天才だから大丈夫のハズだ‼」

ジャンプコミックス 「SLAM DUNK」より引用

昨年県大会2位の強豪校、翔陽高校との大事な一戦で桜木は4つのファウルをもらってしまいます。

バスケでは、一試合でファウルが5つになると退場になってしまうので、これ以上ファウルをもらうわけにはいかない桜木はこれまでのような思い切ったプレーができなくなります。

そんな中同じチームで犬猿の仲とも言える流川から「なに縮こまってやがる らしくねーんじゃねーのか」と言われてしまいます。その時に、流川には絶対に負けたくない桜木が自分を奮起させる時に心の中で自分自身に言い放った一言です。

~名シーン解説~

退場のリスクを恐れて縮こまってプレーするよりも、失敗を恐れずに全力でプレーするためにでたセリフ。

なにより流川に負けない為、「天才だから大丈夫!」と自らを鼓舞する桜木の前向きで負けず嫌いな性格と、流川なりの花道に対するエールを感じさせる1シーンだと個人的には思っています。

その後桜木は、豪快にダンクシュートを決めますがこれがオフェンスファウルをとられて結局退場してしまいます。

しかしこの桜木のプレーで湘北高校が勢いづき試合に勝利することになりました。

退場直後の桜木に対して流川が言い放った「惜しかったな てめーにしては」ってセリフもなんだかんだ花道のことを認めている描写だと感じ取れて、個人的には気に入っています。

2.「オレに今できることをやるよ‼ やってやる‼」

ジャンプコミックス 「SLAM DUNK」より引用

神奈川県の絶対王者 海南大付属高校との一戦で湘北のキャプテンの赤城がプレー中に負傷してしまいコートから離れてしまいます。

チームの絶対的支柱の赤木が抜け、絶望的な状況の中、赤城がまたコートに戻ることを信じ、その時まで赤城の穴は自分が埋めると決意した桜木が言い放った一言です。

~名シーン解説~

今までは自分が活躍するためにプレーすることが多かった桜木が、初めて誰かのためにプレーした試合と言っていいのではないのでしょうか。

海南大とインターハイ出場をかけて戦うことを一年生の時からずっと思い描いていた赤城の思いを聞いた桜木。赤城が負傷した際も、彼を真っ先に控室まで運んでいるあたり、赤城を本気で心配していることが分かります。

まだバスケを始めて約3か月の花道にとってできることは

ドリブルとパスの基礎、レイアップシュート、リバウンド、ダンクと周りのプレイヤーと比べてかなり限られてきます。やれることが限られているなかでもないものねだりをせず、現状のベストを尽くす! そんな桜木の一面が見られる場面でもあります。

3.「超えてやる‼ 神奈川№1を超えてやる!!!」

ジャンプコミックス 「SLAM DUNK」より引用

接戦を繰り広げている湘北と海南大付属との試合。神奈川県№1プレイヤー 牧とマッチアップの際に、牧相手に立ち向かっていく桜木のセリフです。

~名シーン解説~

普通に考えたら神奈川№1プレイヤーの牧と、ポテンシャルは充分にあるとはいえまだまだ初心者の桜木では勝負になるとは思えません。

委縮していまったり、敵うわけがないと思ってしまう人が大半ですが、それでも桜木は、牧相手に臆することなく立ち向かっていきます。さすが主人公!

身体能力ばかり目立ってしまいがちですが、こういうメンタル面においても桜木はまさしく「天才」だと思います。

4.「コイツを鉄拳でぎゃふんと言わしても意味がねー‼ コイツはバスケでぎゃふんといわせねーと意味がねーんだ‼」

ジャンプコミックス 「SLAM DUNK」より引用

海南大付属との試合。ラスト数秒の土壇場で桜木のパスミスにより、海南大付属リードのまま試合終了で負けてしまいます。

そのことを気にして部室で一人落ち込む桜木。そこに現れた流川に

「うぬぼれるな 昨日のてめーは実力の何倍もの働きをした お前のミスが勝敗を左右することは無い」と言われ、頭にきた桜木が流川を殴ろうとした場面です。

~名シーン解説~

バスケを通して桜木が人間的に成長しているのが分かる場面です。

殴って流川を黙らせることは桜木にとっては簡単ですが、流川にはバスケで勝って認めさせたいという気持ちが伝わってきます。まあ、結局殴り合いの喧嘩になってしまうんですけど(笑)

また流川も、負けたのは桜木のパスミスではなく海南戦で最後までスタミナがもたなかった自分の責任であると言いました。

人のミスを責めずに自分の実力不足を指摘するあたり、湘北のエースとしての自覚と責任感が感じ取れる場面でもあります。

お互い人のせいにすることなく、二人のいいライバル関係が伝わってきます。桜木が気合の坊主にするきっかけにもなった話でもあります。

5.「現時点で山王に負けてるんだったらオレがその分伸びればいーんだ」

ジャンプコミックス 「SLAM DUNK」より引用

インターハイ二回戦で高校バスケ界の絶対王者 「山王工業」とぶつかることになった湘北高校。

試合前夜に山王の試合のビデオを見て、圧倒的レベルの違いから自身喪失をする湘北高校バスケ部一同。

それでも全国制覇という目標の為、それぞれが明日の勝利を信じます。その翌日の早朝に、一人早起きした桜木がボール片手に自主練に向かう際にでた一言です。

~名シーン解説~
現状は劣っていても、自分次第でいくらでも未来を変えられるということを気づかせてくれるシーンだと思います。

山王戦のビデオを見ている時も桜木は、ビビることなく堂々としていました。

彼が初心者のため、ビデオを見ただけじゃ山王の強さが分からないからだと作中でも言われていましたが、それでも湘北の勝利にために1ミリでも成長すれば、勝利につながるということを確信している桜木の前向きさがよく表れていると思います。

いくら経験が少なかろうと、そんなのは関係ない。誰よりも自分を信じ、そして湘北の全国制覇を本気で信じているから、その為に努力を惜しまない。初期のただの不良少年だった桜木からは、考えられない成長ぶりです。

6.「ヤマオーはオレが倒す‼ by天才・桜木‼」

ジャンプコミックス 「SLAM DUNK」より引用

ついに始まった山王戦。前半は予想を覆しリード奪いますが、後半開始と同時に山王工業 伝家の宝刀「ゾーンプレス」が炸裂し、一気に20点以上の差をつけられてしまいます。

それでも勝利を信じている安西監督が桜木に、「君のリバウンドが追い上げの切り札になる」と言いオフェンスリバウンドを取る作戦を伝えました。

その後、コートに戻った桜木がいきなり記者席に上がり、大ブーイングの中、会場の選手含めた大勢の観客に向かって言い放ったセリフです。

~名シーン解説~

会場の誰もが諦めかけた中、初めて誰かに期待された桜木が

山王に絶対に勝つという強い決意が表れているシーンだと思います。

周りの観客からは大ブーイング。主将の赤城からも「バカタレがァ!!」と怒鳴られますが、そんなことお構いなしに

「これで勝つしかなくなったぜ」と桜木。しびれますね!

はたから見たら、ただのおかしな行動ですが、いい意味で他人の目を気にしない桜木ならではの行動だと思います。

山王(さんのう)が正しく読めなくて、ヤマオーになっているのも、桜木らしくて良いですね(笑)

7.「おめーらバスケかぶれの常識はオレには通用しねえ!! シロートだからよ‼」

ジャンプコミックス 「SLAM DUNK」より引用

「ヤマオーはオレが倒す!」宣言の直後に、チームメイトに「おめーが簡単に言うような点差じゃない」と言われた際に放った一言。

~名シーン解説~
バスケット初心者の桜木ならではの名言だと思います。

圧倒的な実力差や絶望的な点差なんて知らない。そんなことより、1歩でも前に進むことが大切だということ教えてくれまねすね。

また、いつも事あるごとに自らを天才と言っている桜木が、あえて自分から素人と発言することで、このシーンの言葉の重みが引き出されていると思います!

8.「オヤジの栄光時代はいつだよ 全日本の時か?オレは… オレは今なんだよ‼」

ジャンプコミックス 「SLAM DUNK」より引用

試合終盤に背中を負傷してしまいベンチに下げられてしまう桜木。

ここで無茶をしてしまえば、今後の選手生命に関わると判断し、桜木の出場を止める安西監督。

その時に元バスケの全日本メンバーでもある安西監督に向かって、桜木が言い放った名言。

~名シーン解説~

今この瞬間のために、全てを懸けている桜木の覚悟が伝わります。

もし今後バスケットができなくなったとしても、今ここで山王に勝ちたい。それは安西監督が以前言っていた「何が起きようと揺らぐことのないダンコたる決意」が桜木に生まれた瞬間でもあったと思います。

あとこのシーンの直後に、桜木と付き合いの長い不良仲間4人の顔つきが変わるのも良いですよね。付き合いの長い仲間だからこそ、桜木のハラをくくったという状況を誰よりも理解していることが伝わる描写だと思います。

9.「左手はそえるだけ…」

ジャンプコミックス 「SLAM DUNK」より引用

ラスト約30秒。原作ではセリフは一切なく、流れるように、井上先生の躍動感に溢れた美しい絵で試合が進んでいきます。

一進一退の攻防の中試合終了まで残り2秒。あと1ゴール決めれば湘北の逆転勝利という場面で、エース流川が2枚のブロックに阻まれてしまいます。その時唯一描かれたセリフがこの一言。

その瞬間流川から桜木へのパスが通り、桜木のジャンプシュートはリングにかすることなく綺麗にゴールに吸い込まれていきました、、、

~名シーン解説~

この一連の絵だけで物語を魅せる描写の中、桜木のこの一言は

本当にその瞬間だけ時が止まったかのような感覚に陥ります!

シュートを教わった時に、「左手はそえるだけ」と教わった桜木。それがこの最後の最後に活かされた場面だと言えるでしょう!

何事も基本が大切!というのも分かりますね。

最後は豪快なダンクシュートで終わってほしかったという意見もあるみたいですが、個人的には高い身体能力が必要なダンクシュートより、地道な練習と努力を重ねてやっと身につけたジャンプシュートで終わるといのが良いと思いましたね!

10.「天才ですから

ジャンプコミックス 「SLAM DUNK」より引用

物語の最後を締めくくる主人公桜木花道の代名詞とも言える名言。

~名シーン解説~

作品の序盤から自らを天才と言い続けてきた桜木。

「天才」とは単なる身体能力的才能だけでなく、物語が進み桜木が成長していくにつれてそれは、どんな逆境でも自分を奮い立たせる大切な言葉に変化していったのだと思います。

天才だから大丈夫! 天才だからできる!  

周りになんと言われようとも自分を誰よりも信じている桜木の前向きさが伝わるセリフですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は主人公 桜木花道の心をアツくし、モチベーションをあげるような名言や名シーンに焦点をあててみました。

ですので、今回紹介したものはほんの一部のようなものでこれら以外にも、グッとくるセリフや名シーンは数多くあります!

今なお多くのファンを魅了する「スラムダンク」の魅力はもちろん、逆境を乗り越える主人公 桜木花道の前向きさが少しでも伝われば良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました