ジョジョの奇妙な冒険 歴代ジョジョまとめ | JONNY JOURNAL

ジョジョの奇妙な冒険 歴代ジョジョまとめ

まとめ

連載開始から30年以上たってもなお多くの人に愛される普及の名作「ジョジョの奇妙な冒険」

ジョースター家と吸血鬼となったディオとの戦いを一世紀以上にわたって描かれたこの作品は、2021年現在も主人公「ジョジョ」が変わりながら、第八部まで続いています。

ジョースター家の特徴

  • 首の後ろもしくは左肩の後ろに星形のアザがある
  • 短命である
  • 生涯一人の女性しか愛さない
  • 恵まれた体格をもつ

などがありますが、これらのジンクスに当てはまらない「ジョジョ」もいますので、必ずしもこれが当てはまるとは言えないようです。

また名前のどこかに必ず、「ジョジョ」とつくのも非常に分かりやすくて面白いですよね!!

では、さっそく見ていきましょう!

第一部 「ファントムブラッド」  誰よりも強い正義感を持つ、これぞ少年漫画の主人公! 「ジョナサン・ジョースター」

ジャンプコミックス 「ジョジョの奇妙な冒険」より引用

ジョースター郷の一人息子。

立派な紳士になるべくジョースター家で育てられるが、ディオ・ブランドーとの出会いをきっかけに運命の歯車が大きく変わり、石仮面の謎に足を踏み入れることになる。

石仮面の力に対抗するため波紋をみにつけ、吸血鬼となったディオに立ち向かう!誰よりも正義感にあふれ、真面目で優しい性格。

能力  波紋

ジャンプコミックス「ジョジョの奇妙な冒険」より引用

呼吸法で練り上げた生命エネルギーを駆使して戦う。

波紋は太陽の光と同じ波動のため、日光が苦手な吸血鬼と戦うことができる。

第二部 「戦闘潮流」 破天荒で型破り!内に秘めた勇気は人一倍!  「ジョセフ・ジョースター」 

ジャンプコミックス「ジョジョの奇妙な冒険」より引用

ジョナサン・ジョースターの孫。

真面目なジョナサンとは違い、紳士とは程遠い軽い性格。だが根は熱く、仲間のためなら自らの犠牲もいとわない。

嫌いな言葉は一番が「努力」で、二番目が「ガンバル」。

石仮面を作った柱の男たちとの戦いに巻き込まれていく。

また三部以降も活躍し、スタンドを使えようになっていたことから、波紋とスタンドの両方も使うことのできる人物でもある。

能力  波紋

ジャンプコミックス 「ジョジョの奇妙な冒険」より引用

ジョナサンと同じ波紋法で戦う。生まれつき使うことができ、才能も充分にあるが、訓練などしたことがなかったため登場時はまだまだ未熟だった。

強靭な肉体を駆使して戦う印象が強いジョナサンと比べ、相手の裏をかくトリッキーな戦法が得意。

武器の鉄球のクラッカーに波紋を流して戦うなど、応用もきく

スタンド  「ハーミットパープル」(隠者の紫)

ジャンプコミックス「ジョジョの奇妙な冒険」より引用

手から茨のようなものが生え、ボラロイドカメラを叩くことで遠距離の念視や念聴を行うことができる。

また、パワーは弱いが茨のトゲで攻撃したり、ツタをのばしロープのように使用することもできる。

第三部 「スターダストクルセイダース」 冷静沈着でクール!作中最強クラスのスタンド使い  「空条承太郎」

ジャンプコミックス「ジョジョの奇妙な冒険」より引用

ジョセフ・ジョースターの孫。

とても高校生には見えない威圧的な外見。不良のレッテルを張られ、言葉遣いも悪いが正義感が強く、やるときはやる性格。 口癖は「やれやれだぜ」

先祖のジョナサン・ジョースターの肉体を手に入れたDIOを倒すべく、仲間と共にエジプトを目指す!

スタンド  「スタープラチナ」(星の白金)

ジャンプコミックス「ジョジョの奇妙な冒険」より引用

精密な動作に加え、作中トップクラスのパワー、スピードで敵を圧倒する近距離パワー型のスタンド。

ラッシュ時の口癖は「オラオラオラ」

またDIOとの最終決戦以降はスタンドも「スタープラチナ・ザ・ワールド」として成長し、一瞬だけ時を止めることができるようにもなった。

第四部 「ダイヤモンドは砕けない」 髪型がトレードマークのグレートな高校生!  「東方仗助」

ジャンプコミックス「ジョジョの奇妙な冒険」より引用

ジョセフ・ジョースターの隠し子。

そのため空条承太郎の叔父にあたるが、年齢は仗助のほうが年下と奇妙な関係になる。

杜王町に住む高校生でリーゼントが特徴的。仗助(じょうすけ)を音読みすると「じょうじょ」となるため、それを略すと「ジョジョ」になる。

明るくて親しみやすい性格だが、髪型のことを馬鹿にされると見境なくキレる。口癖は「グレート」

杜王町に潜む殺人鬼を追いながら、承太郎と共にスタンド使いと戦っていくことになる。

スタンド   「クレイジーダイヤモンド」

ジャンプコミックス「ジョジョの奇妙な冒険」より引用

壊れたり変形したものを直す能力。他人の傷の治療はもちろん応用力も高い近距離パワー型のスタンド。しかし、自分が受けた傷を治療することはできない。

素の力も承太郎のスタープラチナに匹敵する高いパワーを備えている強力なスタンド。

ラッシュ時の口癖は「ドラララ」

第五部 「黄金の風」 善と悪 両方の血筋をあわせ持つ正義のギャング!ジョルノ・ジョバーナ

ジャンプコミックス「ジョジョの奇妙な冒険」より引用

DIOの息子。

DIOの肉体がジョナサン・ジョースターのものだったため、息子のジョルノにもジョースター家特有の星形のアザがある。

本名は汐華初流乃(しおばなはるの)だが、イタリア国籍となったことで「ジョルノ・ジョバーナ」を名乗る。

悲惨な幼少期をおくっていたが、自分を初めて対等に一人の人間として接してくれたあるギャングとの出会いから、ギャングスタ―を目指すことになる。

麻薬で汚染された町を変えるため、ギャング組織「パッショーネ」に入団することを決意する。

スタンド   「ゴールドエクスペリエンス」

ジャンプコミックス「ジョジョの奇妙な冒険」より引用

近距離パワー型のスタンドで、触れたもの生命を与える能力。

無機物のものを生き物に変えたり、欠けた体の一部に能力で作った部位をはめ込むなどして、治療のようなこともできる。

ラッシュ時の口癖は「無駄無駄無駄」

第六部 「ストーンオーシャン」 強い精神力は父親譲り!自由をその手でつかみ取れ! 「空条徐倫」

ジャンプコミックス「ジョジョの奇妙な冒険」より引用

空条承太郎の娘。ジョジョ唯一の女性主人公。

承太郎に似て、冷静で的確な状況判断、常に前向きな屈強な精神力をもつ。

無実の罪で刑務所に幽閉され、自由の身になるべく日々奮闘する。口癖は「やれやれだわ」。

スタンド  「ストーンフリー」

ジャンプコミックス「ジョジョの奇妙な冒険」より引用

自らの体を糸に変え自由に操るスタンド。

パワーと強度は落ちるが自らを遠くまで伸ばすことが可能。逆に糸を固めれば近距離でかなりのパワーを発揮する。

ラッシュ時の口癖は「オラオラオラ」

第七部 「スティール・ボール・ラン」 アメリカ大陸横断レースに挑む、下半身不随の青年 「ジョニィ・ジョースター」

ジャンプコミックス「ジョジョの奇妙な冒険」より引用

天才騎手だったが、あるトラブルにより下半身不随となり歩けなくなってしまう。

その後出会った「ジャイロ・ツェペリ」鉄球の回転の力により、動かなくなった足がわずかに動いたため、その秘密を探るためジャイロと共にアメリカ大陸横断レース「スティール・ボール・ラン」に挑む!

スタンド 「タスク」(牙)

ジャンプコミックス「ジョジョの奇妙な冒険」より引用

自分の爪を高速回転させ飛ばし、相手を切り裂くことができる。生き物のように「チュミミィィン」と鳴く。

物語が進むごとにスタンドも成長していき、ACT1から最終的にACT4までパワーアップしていく。

ラッシュ時の口癖は「オラオラオラ」

第八部 「ジョジョリオン」 自分はいったい何者!?記憶喪失の主人公 「東方定助」

ジャンプコミックス「ジョジョの奇妙な冒険」より引用

2011年3月に起きた大震災によって生まれた「壁の目」という場所から突如発見された謎の男。

記憶喪失で名前も覚えていなかったが東方家に引き取られ、「定助」と名前をもらう。

口癖は「おれぇ?」 

特技は物の全長や距離も目視で性格に測ることができる。

スタンド  「ソフト&ウェット」

ジャンプコミックス「ジョジョの奇妙な冒険」より引用

星模様のシャボン玉を作り出し、触れたものを中に入れることが可能。

また音や光、摩擦や水分などを一時的に奪うことが可能なので、非常に応用力が高い。

まとめ

いかがでした?

主人公や時代が変わりながらも物語は続き、ジョースターの意志が受け継がれていくのが本作の最大の魅力だと思います。

人によって好みが分かれるのも、面白い部分だと思います。

2021年には、第六部「ストーンオーシャン」のアニメ化も発表されました!これからもますます「ジョジョの奇妙な冒険」が盛り上がっていくことは間違いないでしょう。

少しでも興味のある方は、是非とも第六部「ストーンオーシャン」のアニメが始まる前に「ジョジョの奇妙な冒険」を見返してみることをオススメします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました