こんなにいた伝説の戦士!? ドラゴンボール 超サイヤ人全形態まとめ | JONNY JOURNAL

こんなにいた伝説の戦士!? ドラゴンボール 超サイヤ人全形態まとめ

まとめ

この記事はこんな方におすすめ!

  • 「DRAGON BALL」が好き!
  • 原作とTVシリーズまで把握していない
  • 「超サイヤ人」の全形態が知りたい!

国内だけにとどまらず、世界的に見ても凄まじい人気を誇る「DRAGON BALL」

今回はその「DRAGON BALL」の中でも非常に高い人気を誇る「超サイヤ人」について触れていこうと思います

「超サイヤ人」もいくつか種類がありますが、

一体どれほどの種類の「超サイヤ人」が作中登場したのか気になったので、まとめてみました!

今回は純粋に「超サイヤ人」の種類のみを紹介するため

サイヤ人特有の変身である「大猿」

「界王拳」「身勝手の極意」などの肉体強化も今回は除外します

またゲームなどのオリジナル要素の強い「超サイヤ人」も含めず、

あくまで原作である「DRAGON BALL」とTVシリーズである「ドラゴンボールGT」「ドラゴンボール超」に登場したものとさせて頂きます!

それでも,予想以上に種類があったため、改めて確認してみると面白いかもしれません

超サイヤ人とは?

まず、おさらいに「超サイヤ人」についてざっくりと解説していきましょう!

「超サイヤ人」とは戦闘民族であるサイヤ人が大幅に戦闘力を上げる変身形態のことです

出典:ジャンプコミックス「DRAGON BALL」

満月を見るだけでなれる「大猿」とは違い、いくつかの条件を満たすことでなることができます

またその強さから千年に1人現れる伝説の戦士と言われています

後述する通りいくつか種類がありますが、外見的特徴の共通点として

  • 髪の毛が逆立つ
  • 体の周りにオーラのようなものが出る
  • 瞳の色が変わる
  • とにかくかっこいい!!

というのが挙げられます

まあ、カッコいいかどうかは完全に個人の好みですが(笑)

外見的特徴の共通点が似ていても、

それぞれの「超サイヤ人」でまた違った特徴があるので、違いが分かりやすいのも魅力の一つだと思います

原作で描かれた超サイヤ人

超サイヤ人(第一段階)

出典:ジャンプコミックス「DRAGON BALL」

「超サイヤ人」の基本的な形態で

  • 全身が金色のオーラに包まれる
  • 髪の毛が逆立ち、色も金色に変化
  • 目つきも鋭くなり、瞳の色が緑色に変化
  • 戦闘力が通常時の50倍になる
  • 軽い興奮状態になり、性格も好戦的になる

といった変化が見られます

サイヤ人特有の「大猿」とは全く違った変身をしますね

悟空がフリーザとの戦いで目覚めたのがこの「超サイヤ人」ですね!

もちろん変身には

  • ある一定以上の戦闘力が必要
  • 穏やかで純粋な心(純粋な悪でも可)を持っていなければならない
  • 激しい怒りや悲しみによって目覚める

といった厳しい条件があり、サイヤ人なら誰でも変身できるものではありません

ジョニー
ジョニー

やっぱりフリーザとの戦いで「超サイヤ人」に目覚めた時のかっこよさは尋常じゃなかった!

超サイヤ人(第二段階)

出典:ジャンプコミックス「DRAGON BALL」

超サイヤ人を超えるという概念からたどりついた形態で

  • 全身の筋肉が盛り上がり、パワー、スピードが上昇
  • 全身のオーラがさらに激しく変化する
  • 身体にかかる負担は、第一段階の時よりも増す

精神と時の部屋で修行したベジータが第二形態のセルを圧倒したのがこの形態です。

ベジータはこの形態に変化した自分のことを超ベジータと呼んでいました。

2.3超サイヤ人(第三段階)

ジャンプコミックス「DRAGON BALL」より引用

「超サイヤ人(第二段階)」の時よりも、さらに全身の筋肉が膨れ上がりパワーが大幅に上昇します。

そのパワーは完全体セルを上回るほどですが、大きすぎる筋肉でスピードが殺されてしまい、完全にパワーだけに頼りきった形態ということになります。

また身体への負担も更に大きくなり、体力の消耗も激しくなるのであまり実践向きとは言えないでしょう。

原作では完全体となったセル相手にトランクスが変身していたのがこの形態ですね。

ファンからは、この形態に変身したトランクスのことをムキムキの見た目と合わせて「ムキンクス」と呼ばれています。

2.4超サイヤ人(第四段階)

ジャンプコミックス「DRAGON BALL」より引用

身体への負担などを考えた結果、総合的に見て「超サイヤ人(第一段階)」が一番バランスが良いことに気がついた悟空が、普段の日常生活でも超サイヤ人の状態を維持することで、悟飯と共に体得したのがこの形態。

超サイヤ人特有の荒々しいオーラや興奮状態を抑えたため、目つきや口調も通常状態の時とあまり変わりません。

気を高めパワーアップした際も、「超サイヤ人(第三段階)」のパワーだけに偏った強さと違い、完全体セルと渡り合うほどまでの実力を発揮しています。

2.5超サイヤ人2

ジャンプコミックス「DRAGON BALL」より引用

超サイヤ人の壁をを超えた超サイヤ人。

今までの超サイヤ人1の時と比べ、髪の毛もより逆立ち、体の周りには金色のオーラに加え、稲妻のような火花がバチバチとでます。

「超サイヤ人(第四段階)」のバランスの良い状態がそのまま強化され、その強さは完全体セルを圧倒するほどまでパワーアップしています。

原作ではセルゲーム時に、セルに怒った悟飯が覚醒してこの姿となりました。

この状態に初めて変身した際は、普段は温厚な悟飯も好戦的になるなど、サイヤ人特有の性格の変化が現れていました。

2.6超サイヤ人3

ジャンプコミックス「DRAGON BALL」より引用

超サイヤ人2を更に超えた超サイヤ人のことで、原作では最強の超サイヤ人。

「超サイヤ人2」のときの稲妻のような火花とオーラに加え、髪の毛は腰まで届くほど長髪になり、眉毛も無くなります。

凄まじいほどの強さになりますが、身体への負担も激しく、変身していられる時間も数分と限られてしまいます。

原作では孫悟空とゴテンクスがこの形態になり、共に魔人ブウと渡り合っていました。

3 ドラゴンボールGTで描かれた超サイヤ人 超サイヤ人4

TOKYO MX トップ アニメ情報より引用

「大猿」をベースとした超サイヤ人で、大猿の持つ強大なパワーと、大猿状態では不可能だった超スピード戦闘を可能にしたGTにおける、超サイヤ人の最終形態。

従来の金色が特徴的な「超サイヤ人」とは違い、髪の色は黒で上半身には野生を思わせる赤い体毛が確認できます。

これまで問題視されていた、超サイヤ人の体にかかる負担も無くなり、超サイヤ人3などにみられた変身時間の減少も解消されています。

大猿状態でも理性を維持できる超サイヤ人のみが変身可能で、作中では悟空とベジータが変身していました。

修行で尻尾を復活させた悟空は自由に変身が可能ですが、尻尾のないベジータはブルマの開発した超ブルーツ波発生装置で大量のブルーツ波を体に照射することで変身を可能にしています。

4.1ドラゴンボール超で描かれた超サイヤ人 超サイヤ人ゴッド

神ゲー攻略 KAMIGAMEより引用

正しい心を持った5人のサイヤ人がもう1人のサイヤ人に正しい心の光を送り込むことで変身可能。

髪型も逆立つことはなくなり、頭髪及びオーラは赤色を基調としたもの変化します。

また全身の筋肉も少し線が細く描かれ、力強さよりもスタイリッシュな印象が強くなります。

神の次元の気を纏っているため,同じ神の次元に立っている者以外は、気を感じることすらできなくなります。

あの「超サイヤ人3」ですら軽くあしらわれた破壊神ビルス相手に、渡り合えるほど強さもパワーアップします。

原作者の鳥山明曰く、ビルスの強さを10とした場合、超サイヤ人ゴッドの強さは6くらいみたいです。

4.2超サイヤ人ゴッド超サイヤ人(超サイヤ人ブルー)

神ゲー攻略KAMIGAMEより引用

超サイヤ人ゴッドの状態で超サイヤ人化に成功した形態。

少しややこしいですが、超サイヤ人ゴッドになったことにより神のパワーを持った状態のサイヤ人が、そこからさらに超サイヤ人に変身したと思ってもらえればOKです。

超サイヤ人ゴッドの赤色から、髪の毛とオーラも青に変化します。

名前も長くややこしくなるため、作中では超サイヤ人ブルーとも呼んでいました。

当然超サイヤ人ゴッドよりも強さを増しますが、身体への負担も大きいため、長時間の変身は難しいみたいです。

4.3超サイヤ人ブルー(進化)

数字で見るドッカンバトル!より引用

力の大会にて、悟空が身につけた身勝手の極意とは違った形の進化を目指したベジータがたどり着いた強化形態。

通常のブルーより、青色がより濃くなり周囲のオーラにも光の粒子のようなものが現れます。

力の大会にてベジータはこの形態で、圧倒的強さを見せた破壊神化したトッポを倒しています。

ファンの間ではキラキラベジータ超サイヤ人ブルー2とも呼ばれています。

4.4超サイヤ人ロゼ

神ゲー攻略 KAMIGAMEより引用

ゴクウブラックが超サイヤ人化した超サイヤ人の亜種的変化形態。

超サイヤ人ブルーとは対照的に、髪の色はピンク、オーラも赤紫色の不気味なものに変化します。

悟空やベジータが変身する超サイヤ人ブルーは、サイヤ人が神のパワーを手に入れ超サイヤ人へと変化するものですが、超サイヤ人ロゼは元々神であるザマス(ゴクウブラック)がサイヤ人である悟空の肉体を手に入れ超サイヤ人となった姿なので、ゴクウブラックのみが可能にした変化形態だと言えるでしょう。

その強さは超サイヤ人ブルーである悟空とベジータよりも上で、かなりの強敵でした。

4.5超サイヤ人(怒り)

神ゲー攻略KAMIGAMEより引用

未来トランクスがザマスとゴクウブラックに対する激しい怒りにより覚醒した形態。

ぱっと見は通常の超サイヤ人のように見えますが、周囲の金色のオーラに加え、超サイヤ人ブルーのような青色のオーラが確認できます。

詳しい詳細は不明ですが、神の気を持つ超サイヤ人ブルーの気も感じ取れるため、神の領域に近い、または到達しているものと思われます。

 

強さも超サイヤ人ブルーに引けを取らない力を見せ、ザマスとゴクウブラックに抗いました。

5.1劇場版で描かれた超サイヤ人 擬似超サイヤ人

漫画とアニメの語り部屋より引用

劇場版「ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空」にて、スラッグとの戦いで悟空が見せた姿。

頭髪が逆立ち金色のオーラを纏いますが、髪の色は黒のままで、白目を向いた意識のないような状態だったため、完全に超サイヤ人には覚醒してはいません。

スラッグに追い詰められて瞬間的に手にした不完全な力のため、この状態もすぐに解けてしまいました。

5.2伝説の超サイヤ人

Fandon ドラゴンボールファイターズ攻略wikiより引用

劇場版オリジナルキャラである「ブロリー」が見せた超サイヤ人。

超サイヤ人の伝説通り「千年に一度現れる破壊と殺戮を好むサイヤ人」がこの形態で、悟空達が変身する超サイヤ人とはまた違った存在です。

超サイヤ人特有の金色のオーラに加え、肉体も全身の筋肉が膨れ上がり白目をむきます。

圧倒的なパワーはもちろん、その巨体には似つかわしくない素早いスピードとスタミナを兼ね備え、超サイヤ人特有のデメリットだった身体にかかる負担なども見られないまさに最強の超サイヤ人です

変身後の性格も残虐性が増し、本能のままに破壊と殺戮を行います。

まとめ

今回は作中で「超サイヤ人」と呼ばれた形態についてまとめてみました!

個人的には多くても10種類くらいかなと思っていたんですけど、改めて調べてみるとなんと全部で14種類!!

本来であれば原作はもちろんアニメもドラゴンボールZまででしたが

そこからドラゴンボールGTや超と新しい物語が始まり、新たな強敵が次々出てきたことで、悟空たちもそれだけのパワーアップが必要になったということが大きいと思います。

また、これだけの種類の超サイヤ人がいながら、どれもカッコよくてそれぞれの魅力が詰まっているのもドラゴンボールが長年多くのファンに愛される要因の一つだと思います。

2022年には新作の映画の公開も控えているので、もしかしたらまた新しい超サイヤ人が出てくるかもしれませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました